文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANAの活動
舞踊教育アンケート
公開講座・シンポジウム・フォーラム
舞踊衣装検索
韓国舞踊紹介
研究発表会
研究業績一覧
日本舞踊 3DCG
NANAの活動
研究発表会トップ
研究発表会

「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」

この研究発表会のトップへ戻る

発表:「日本舞踊のスキルチェックのための教材開発−骨格モデルを用いた3Dアニメーションの検討−」

入江 寿弘

(日本大学理工学部専任講師:主な研究者)

要旨

日本舞踊のスキルチェック教材を開発する上で3次元CGを利用して視覚的に提示することは非常に効果的な手段といえる。単純にテレビカメラで撮影した動画では視点が固定されているために、状況によっては動作の確認が十分行うことができない場合がある。リアルタイムで視点を移動できる3次元CGを用いれば、任意の場所に視点を移動し動作の確認を行うことが可能である。このような目的で動作を測定するには、一般にモーションキャプチャを用いている。
モーションキャプチャのシステムには幾つかの原理があり。最も一般的なものが関節部にマーカーを取り付け複数の専用カメラを用いてマーカーの位置を認識してマーカーの3次元上での移動を計測するものである。最近では通常のビデオカメラの映像を用いてマーカーなしで動作を計測するシステムや関節部にジャイロを用いて直接関節角度を計測するものもある。本研究ではマーカーを用いて計測するシステムで計測を行ったが、3次元CGを作成するためには、これらのマーカーの位置情報から人体骨格における関節角度に変換したデータを作成して用いることとなる。
本研究では教材作成のためのプロセスについて検討して3次元CGの作成を試み、今後の舞踊のスキルチェック教材の方向性について考察を行った。また、舞踊のスキルチェックにおいてはモーションキャプチャで計測したすべてのデータが必要という訳ではないので、重要な動作がモニター出来る簡易システムについても検討を行った。

プロフィール

日本大学大学院理工学研究科博士前期課程精密機械工学専攻修了。博士(工学)。現在、日本大学理工学部専任講師。2006年度よりORCNANAプロジェクト主な研究者。主な研究業績は「建築物の情報化と新しい振動制御技術の展開−可変剛性制御技術による構造物の共振抑制−」(『日本建築学会総合論文誌』4号、2006.2、共)、”A Study on Response Control of a SDOF Structure Using Variable Stiffness by a Clutch"( International Symposium on Network and Center-Based Research for Smart Structures Technologies and Earthquake Engineering(SE04)、2004.7、共)、”A Study on Vibration Suppression of a Structure by Using SMA Springs"(International Symposium on Network and Center-Based Research for Smart Structures Technologies and Earthquake Engineering(SE04))、2004.7、共)。計測自動制御学会・日本機械学会・日本ロボット学会・日本計算工学会・日本知能情報ファジィ学会・日本建築学会所属。

発表者紹介および要旨
丸茂 美惠子 氏
内藤 浩誉 氏
安室 可奈子 氏
田口 文哉 氏
出羽 尚 氏
渡沼 玲史 氏
三戸 勇気 氏
篠田 之孝 氏
入江 寿弘 氏
Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre