文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANAの活動
舞踊教育アンケート
公開講座・シンポジウム・フォーラム
舞踊衣装検索
韓国舞踊紹介
研究発表会
研究業績一覧
日本舞踊 3DCG
NANAの活動
研究発表会トップ
研究発表会

「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」

この研究発表会のトップへ戻る

報告:「ORCNANAプロジェクトの概要:研究組織・計画・目的」

丸茂 美惠子

(日本大学芸術学部助教授:研究代表者)

要旨

ORCNANAプロジェクトとは、日本大学芸術学部が選定された、文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業の研究プロジェクト「日本舞踊の教育システムの文理融合型基盤研究並びにアジアの伝統舞踊との比較研究」である。本プロジェクトの略称は、日本大学芸術学部(NUArt)、および日本舞踊とアジアの伝統舞踊(Nichibu & Asian dance)の頭文字をとって"NANA"とする。
学外の幅広い人材を受け入れて多角的に研究するORCNANAでは、人間の動きを多方面からカメラで捉え、コンピュータで画像処理し、その動きを3次元で表示できるモーションキャプチャ装置により、日本舞踊やアジアの伝統舞踊を計測して、それらの教育や研究と、発展・交流のために資することを目的としている。
本研究発表会では、平成17〜21年度文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業に選定を受けたORCNANAプロジェクトの研究組織・計画・目的を紹介し、プロジェクトの概要について報告する。
http://www.orc-nana.jp

プロフィール

筆名 祐佳。日本大学大学院芸術学研究科舞台芸術専攻修士課程修了。博士(芸術学)。東京国立文化財研究所芸能部調査員(非)を経て日本大学芸術学部非常勤講師、専任講師、現在、助教授。ORCNANAプロジェクト研究代表者。文部科学省科研費基盤B「モーションキャプチャを利用した舞踊動作のアーカイブ化と数量化舞踊研究」研究分担者。主な研究業績、著書『おどりの譜−日本舞踊 古典技法の復活−』(国書刊行会、2002.9)、学術論文「日本舞踊の基礎動作「オクリ」に現れる女らしさの特徴解析」(『舞踊学』27号、2005.3、共)、学会発表「日本舞踊における基礎動作「オヒネリ」の角度情報に関する報告」(舞踊学会、2004.12、共)。舞踊学会(理事)・日本演劇学会・楽劇学会所属。

発表者紹介および要旨
丸茂 美惠子 氏
内藤 浩誉 氏
安室 可奈子 氏
田口 文哉 氏
出羽 尚 氏
渡沼 玲史 氏
三戸 勇気 氏
篠田 之孝 氏
入江 寿弘 氏
Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre