文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANAの活動
舞踊教育アンケート
公開講座・シンポジウム・フォーラム
舞踊衣装検索
韓国舞踊紹介
研究発表会
研究業績一覧
日本舞踊 3DCG
NANAの活動
研究発表会トップ
研究発表会

「芸術/IT:芸術情報の生成と構築」

この研究発表会のトップへ戻る

研究発表
「日本舞踊の3Dグラフィックス教材と教育支援システム」

入江 寿弘

(日本大学理工学部准教授)

要旨

日本舞踊のモーションキャプチャの計測データによりマーカーの三次元的な位置情報が計測できる。三次元データの人体モデルを用いて舞踊を再現するには骨格モデルで表した動作データが必要になる。踊り手の骨格モデルに基づいて変換した関節角度のデータを用いて、キャラクターアニメーションソフトを用いて三次元グラフィックス教材を作成した。
また、舞踊の教示を行うためには熟練した踊り手の情報を元に初心者が容易に舞踊の動作を習得できるシステムの開発が必要である。舞踊の動作データを元に視覚以外の方法で動作の提示が可能な方法について検討を行った。モーションキャプチャによる計測方法ではマーカが接近、あるいは隠れた場合、マーカの追跡に失敗する場合がある。そこで、加速度センサーやジャイロセンサーを踊り手の身体に取り付け、関節角度を直接計測し、熟練者のデータと比較して評価を行う。今回は加速度センサーやジャイロセンサーを用いて関節角度を計測するための基礎的研究を行った。

プロフィール

1986年日本大学大学院理工学研究科博士前期課程精密機械工学専攻修了。博士(工学)。日本大学理工学部助手、専任講師を経て、現在、准教授。米国カーネギーメロン大学客員研究員(2004.8〜2006.2)。2006年度よりORCNANAプロジェクト主な研究者。主な研究業績:「センサー・カメラによる姿勢角の検出システムの開発」(第28回ファジィワークショップ、2007、共);「電磁クラッチ型可変剛性構造物の振動制御―マイクロコントローラによる制御装置の開発―」(第28回ファジィワークショップ、2007、共)。計測自動制御学会、日本機械学会、日本ロボット学会、日本計算工学会、日本知能情報ファジィ学会、日本建築学会所属。

発表者紹介および要旨
丸茂 美惠子 氏
廣瀬 武志 氏
渡沼 玲史 氏
三戸 勇気 氏
川上 央 氏
篠田 之孝 氏
入江 寿弘 氏
担当メンバー
Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre