文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANAの活動
舞踊教育アンケート
公開講座・シンポジウム・フォーラム
舞踊衣装検索
韓国舞踊紹介
研究発表会
研究業績一覧
日本舞踊 3DCG
NANAの活動
研究発表会トップ
研究発表会

「舞踊の教育システム:身体の言語化‐記号化‐デジタル化」

この研究発表会のトップへ戻る

研究発表:「日本舞踊のキャリアと流風との関連について」

三戸 勇気

(日本大学芸術学部ポスト・ドクター)

要旨

本研究の目的は、日本舞踊の動作が観者の感情にどのような影響を与えるかについてである。また、その動作に対してモーションキャプチャを用いた分析を行い、日本舞踊の動作が観者の感情に与える影響と動作の関連性についての検討を行うことである。
日本舞踊が観者の感情に影響を与える要因として、演目による振(型)の動きがある。その動作から観者が感情を喚起したり、その舞踊の意味や意義を感受することができる。その他の要因として個人差はもちろんのこと、日本舞踊の特徴の一つである、流派の違いによる影響が挙げられる。演目において、多少なりとも流派の違いにより振(型)が異なるが、それだけでなく、流派が持つ特徴そのものが観者の感情に影響を与えていると思われる。本研究では、単純な日本舞踊の振(型)の動きの違いのみに留まらず、より具体的かつ詳細な検討として、流派の違いに注目をして検討を行っている。
今回は、代表的流派の5流派(藤間流、西川流、花柳流、若柳流、坂東流)の女流舞踊家の40代、30代、20代の3年代に「娘道成寺」のクドキの部分を踊っていただき、(1)その映像を用いて印象評価(SD法)を行い、(2)モーションキャプチャを用いてその動作の解析を行い、各流派の印象の違いと型(振)との関連を探った。その結果から、形やデザインといった空間の使い方が流派の相違に影響があると考えた。今回は、これらの結果を踏まえて、SD法と動作解析から得られた日本舞踊の流派の特徴について発表を行う。

プロフィール

日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了。博士(芸術学)。日本大学芸術学部非常勤講師。江原学園東京音楽療法専門学校講師。2005年度日本大学芸術学部リサーチ・アシスタント、2006年度よりポスト・ドクター。ORCNANA研究課題は日本舞踊の心理評価の相違と動作解析。主な研究業績:「日本大学ORCNANAプロジェクトのモーションキャプチャを用いた舞踊研究」(立命館大学COEシンポジウム、2006.1、共)、"Psychophysical Analysis of Nihon Buyo ─Japanese Traditional Dance ─ " (IOP 13th World Congressof Psychophysiology、2006.8-9、共)、「日本舞踊における観者の心理と動作の関連性について」(日本認知心理学会第5回大会、2007.5、共)、発表「日本舞踊の流派の特徴に対する検討」(じんもんこん2008、2008.12、共)。日本音響学会、日 本音楽知覚認知学会、舞踊学会、日本認知心理学会所属。

発表者紹介および要旨
丸茂 美惠子 氏
三戸 勇気 氏
篠田 之孝 氏
川上 央 氏
入江 寿弘 氏
出羽 尚 氏
渡沼 玲史 氏
竹田 陽子 氏
担当メンバー
Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre