文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANAの活動
舞踊教育アンケート
公開講座・シンポジウム・フォーラム
舞踊衣装検索
韓国舞踊紹介
研究発表会
研究業績一覧
日本舞踊 3DCG
NANAの活動
研究発表会トップ
研究発表会

「舞踊の教育システム:身体の言語化‐記号化‐デジタル化」

この研究発表会のトップへ戻る

研究発表:「モーションキャプチャを用いた日本舞踊の動作解析 ─ 舞踊家の重心に関して」

篠田 之孝

(日本大学理工学部准教授:主な研究者)

要旨

日本舞踊の動作を解析することは日本舞踊の技の継承に寄与するばかりでなく、型や流派並びに熟達度の違いを見出すことにもなり、日本舞踊の教育現場において、演者への教育支援として高い効果を挙げることが期待できる。
舞踊家の身体動作はモーションキャプチャを用いて身体に取り付けた42個のマーカ(反射体)を検出し、各マーカの3次元位置を測定した。モーションキャプチャの実験は20代、30代、40代、50代の主要な5流派(藤間流、西川流、花柳流、若柳流、坂東流)の舞踊家にご協力いただいた。動作解析は演目「娘道成寺」のクドキと呼ばれる後半部(200秒)について行った。
動作解析は舞踊家の身体の方位角(回転角)、仰角に関して行うとともに舞踊家の身体重心の位置に関して検討を行った。身体重心は身体を14個の身体部位(頭部、胴体、上腕、前腕、手、大腿、下腿、足)とし、質量比と各身体部位の重心位置から算出した。各身体部位の重心位置は質量中心比とモーションキャプチャで得られた各身体部位の位置データを用いて求めた。どのように舞踊家が動作しているかを身体重心の挙動の可視化とともにその解析を行った。

プロフィール

日本大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。博士(工学)。日本大学助手、専任講師を経て、現在、准教授。2006年度よりORCNANAプロジェクト主な研究者。主な研究業績:「モーションキャプチャを用いた日本舞踊の動作解析の基礎的検討」(電気学会計測研究会、2007.3、共)、「光ヘテロダイン干渉法を用いた教育用模擬CT装置システムの構築」(日本保健科学学会誌、Vol.11、No.2、 2008.9、共)、"Wavelength Shift Detectionof Fiber Bragg Grating by Dynamic Strain usingSerrodyne Modulation" (IEEJ Trans.SM、Vol.127、No.1、2007.1、共)。電気学会、計測自動制御学会、照明学会、日本保健科学学会所属。

発表者紹介および要旨
丸茂 美惠子 氏
三戸 勇気 氏
篠田 之孝 氏
川上 央 氏
入江 寿弘 氏
出羽 尚 氏
渡沼 玲史 氏
竹田 陽子 氏
担当メンバー
Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre