文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANAの活動
舞踊教育アンケート
公開講座・シンポジウム・フォーラム
舞踊衣装検索
韓国舞踊紹介
研究発表会
研究業績一覧
NANAの活動
研究業績一覧トップ
学会発表

発表者名

発表標題

学会名

開催地

発表年月
出羽尚 「日本舞踊の英語表記に関わる研究:明治期「舞踊」用語成立の過程」 ORCNANA研究発表会「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」 東京・日本大学芸術学部、第1会議室 平成18年9月29日⇒論文化・ORCNANA報告書『研究発表会・シンポジウム2006/2007』収録、119〜133頁
渡沼玲史 「日本舞踊の意味生成(創作=鑑賞)の特性について」 ORCNANA研究発表会「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」 東京・日本大学芸術学部、第1会議室 平成18年9月29日⇒論文化・ORCNANA報告書『研究発表会・シンポジウム2006/2007』収録、134〜145頁
三戸勇気 「5流派の演者による日本舞踊の心理的印象の相違と動作解析」 ORCNANA研究発表会「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」 東京・日本大学芸術学部、第1会議室 平成18年9月29日⇒論文化・ORCNANA報告書『研究発表会・シンポジウム2006/2007』収録、146〜155頁
篠田之孝 「モーションキャプチャを用いた日本舞踊の動作解析−異なる流派による舞踊家の特徴解析−」 ORCNANA研究発表会「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」 東京・日本大学芸術学部、第1会議室 平成18年9月29日⇒論文化・ORCNANA報告書『研究発表会・シンポジウム2006/2007』収録、165〜183頁
入江寿弘 「日本舞踊のスキルチェックのための教材開発−骨格モデルを用いた3Dアニメーションの検討−」 ORCNANA研究発表会「日本舞踊:科学的アプローチと基礎研究」 東京・日本大学芸術学部、第1会議室 平成18年9月29日⇒論文化・ORCNANA報告書『研究発表会・シンポジウム2006/2007』収録、184〜191頁
末岡真太郎
柏淳一郎
中村友哉
山内謙一郎
入江寿弘
「ビデオカメラとセンサーを用いる小型自律移動体に関する研究」 第50回日本大学理工学部学術講演会 東京・日本大学理工学部、駿河台キャンパス 平成18年11月25日⇒論文集410〜411頁
丸茂祐佳 「日本舞踊の舞踊譜」 早稲田大学演劇博物館21世紀COEプログラム演劇研究センター歌舞伎・日本舞踊コース研究集会 東京・早稲田大学、演劇博物館レクチャールーム 平成18年11月26日
Mieko
Marumo,
Yukitaka
Shinoda,
Toshihiro
Irie,
Hiroshi
Kawakami,
Yuki Mito,
Reishi
Watanuma
"Nihon University ORCNANA Project: Motion Analysis of Nihon Buyo and 3DCG Creation" 21st Century COE Program "Human Body Motion Analysis with Motion Capture" 京都・立命館大学、衣笠キャンパス、創思館 平成18年12月1日⇒論文集72〜78頁
安室可奈子
丸茂祐佳
「初期女舞の図像伝統に関する研究−先行研究史と目録化−」 舞踊学会第58回大会 東京・専修大学、一号館 平成18年12月2日⇒発表要旨『舞踊学』第30号40頁
頭川昭子
三戸勇気
丸茂祐佳
「日本舞踊におけるSD法によるイメージの調査用語に関する検討」 舞踊学会第58回大会 東京・専修大学、一号館 平成18年12月2日⇒発表要旨『舞踊学』第30号44頁
前の10件  1 2 3 4 5 6 7 8  次の10件
Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre