文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業 日本大学芸術学部プロジェクトSITE MAPENGLISH
NANA NEWS
NANA NEWS

NEWS

国際シンポジウム「モーションキャプチャー技術と身体動作処理」 にて発表

UP DATA 2009/01/13

国際シンポジウムにてORCNANAプロジェクトのモーションキャプチャ研究の報告をいたします。

「日本大学ORCNANAプロジェクトのモーションキャプチャデータを用いた舞踊解析とその利用」
渡沼玲史、入江寿弘、篠田之孝、川上央、三戸勇気、丸茂美惠子
<日時>2009年1月24日
<場所>立命館大学 衣笠キャンバス 創思館1F カンファレンスルーム
<主催>文部科学省グローバルCOEプログラム 「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」(立命館大学 アートリサーチセンター)
<共催>(株)ナック・イメージテクノロジー


International Symposium ‘Human Body Motion Analysis with Motion Capture'
国際シンポジウム「モーションキャプチャー技術と身体動作処理」

9:40-10:00
Introduction はじめに

Kozaburo Hachimura (Ritsumeikan Univ.)
八村 広三郎 (立命館大学)

10:00-10:30
Virtual Dance Collaboration System
バーチャルダンスコラボレーションシステム

Seiya Tsuruta (Ritsumeikan Univ.)
鶴田 清也(立命館大学)

10:30-11:00
Effect of body movement on music expressivity in jazz perfomance
ジャズ演奏者の身体動作が音楽の表現性に与える影響

Mamiko Sakata (Doshisha Univ.)
阪田真己子(同志社大学)

11:00-12:00
Invited Talk 招待講演
Creating DIgital Ventriloquized Actors (DIVAs)
デジタル腹話術師(DIVA)の開発

Sidney Fels and Robert Pritchard (Univ. of British Columbia)
シドニー・フェルズ、ロバート・プリチャード(UBC)

12:00 - 13:20 LUNCH

13:20-13:40
DIVA performance DIVA実演
"What Does a Body Know?" (1st movement)
 「体は何を知っているか?第一楽章」

Marguerite Witvoet (Univ. of British Columbia)
マルガリータ・ウィトボート(UBC)

13:40-14:20
Special Talk 特別講演
The Latest Technology and Trends in Motion Capture Systems
モーションキャプチャシステムの最新テクノロジと動向

John O.B. Greaves (Motion Analysis Corp.)
ジョン・グリーブス (モーション・アナリシス)

14:20 - 14:40 BREAK

14:40-15:10
Measurement, Analysis and Design of Multiparty Conversation
多人数会話の記録・分析・コンテンツ化

Yasuyuki Sumi (Kyoto Univ.)
角 康之(京都大学)

15:10-15:40
Automatic Composition for Classical Ballet and Contemporary Dance
バレエとコンテンポラリーダンスを対象とした自動振付システム

Asako Soga (Ryukoku Univ.)
曽我 麻佐子(龍谷大学)

15:40-16:10
Dance analysis with motion capture data and usage of the analysis results:
Nihon University ORCNANA project's attempt
日本大学ORCNANAプロジェクトのモーションキャプチャデータを用いた舞踊解析とその利用

Reishi Watanuma, Toshihiro Irie, Yukitaka Shinoda, Hiroshi Kawakami, Yuki
Mito, Mieko Marumo (Nihon Univ.)
渡沼玲史、入江寿弘、篠田之孝、川上央、三戸勇気、丸茂美惠子(日本大学)

16:10 - 16:30 BREAK

16:30-17:00
Trial of Using Motion Capture System by a Theater Company
モーションキャプチャを使った劇団の試み

Takaaki Kaiga (Warabi-za Co.,Ltd., Akita Univ.), Hideo Tamamoto (Akita Univ.)
海賀 孝明(わらび座、秋田大学), 玉本英夫(秋田大学)

17:00-17:30
Analysis of Dancing Motion Using the Human-Body Model with Skeletal Structure
骨格構造人体モデルを用いた舞踊動作の解析

Takeshi Miura (Akita Univ.)
三浦 武ほか(秋田大学)

17:30-18:00
Analysis of the Parameters to Iaido Proficiency by Using Motion Capture Data
モーションキャプチャデータを用いた居合道の熟練度に関する特徴量抽出

Woong Choi (Ritsumeikan Univ.)
崔 雄(立命館大学)

イベント情報

題目

国際シンポジウム「モーションキャプチャー技術と身体動作処理」

日時

2009年1月24日(土)

場所

立命館大学 衣笠キャンバス 創思館1F カンファレンスルーム

NEWS一覧へ戻る

Copyright (C) Nihon University College of Art, Department of Theatre